Sunday, May 28, 2017

Wearing water


水をまとう。

Wearing water


日本語を英語になおすとき、
どうしても、
funnyな部分が伝わらなくて、
変にシリアスなかわりものにしかみえないところがあって、
英語になおすのは、難しいなと毎日
思っている。


今日のは、英語にやくするのは、やめたほうがいいのではとためらっているもののひとつ。
私は、人を見るとき、
すぐに歯をみてしまうという
くせがある。

歯はその人の、
人生を物語っているといっても、
過言ではないとおもっている。

歯科矯正は、
コストがかかる。
時間もかかる。
しかし、
内臓疾患とか、
アルツハイマーなどとの
結びつきが
声高にいわれはじめたいま、
無視することはできない。

私の友人にすすめた。

歯がいかに大切であるかを
せつせつと説くが
歯医者に10年も
いったことがないという
歯医者嫌いに
歯医者に行かせるのには、
どうやって、納得させるかと、
頭をひねった。

今の病気と歯の関係は、
切り離せないから、
病院にいくように、
歯医者にいも
行きなさいといったが、
どうも、
説得力に欠ける。
というのは、
歯が何本なくても、
虫歯があったとしても、
いますぐ
死ぬことはないからだ。

どうやって、
その友人を歯医者にいかせるか。

首根っこをひっつかまえて、
つれていけるものならいいが、
そうもいかない。

本人が必要性をかんじなければならないからだ。

死んだとき、
口になかに
綿をつめられる。
そのときに、
つめている
葬儀屋さんとかが、
あーこの人、歯に神経つかってたんだー
って思われると、うれしいやん?

わたしは、歯医者のまわしものではないが、
これは、なかなか説得力あるとみた。

が、友人の反応は、
いまひとつで、
死んでいるんだから、
うれしいとか気がつかないやん?

という。

彼は、まだまだ、修行がたりない。

Saturday, May 27, 2017

A woodworking Sanaiya Al Ain






 A woodworking, Sanaiya, Al Ain















先日、ハーブ用の棚をつくりに、
木工屋さんにいった。
80cmの棚が1枚。それを支える足の木片が2枚。
注文どおりのサイズにするために、おにいさんは、
電動のこぎりを使う。
ここで、働いているお兄さん、3人とも、
誰も、指を失っていないので、
驚く。



わたしなら、
まず、初日に一気に指3本は失っていると思う。
1ミリでも、計算が狂えば、指はなくなる。
お皿もグラスもバンバン落として
割ってしまうわたしには、
こういう、仕事はまずできない。

 I went to a woodworking place to order 3 pieces of wood for a herb shelf a couple of days ago.
One of the pieces is 80cm long and the other 2 pieces were for the legs of the shelf.
The worker started to use the electric saw.
Three guys were working over there, but surprisingly all of them had 10 fingers.
Nobody lost any fingers.
That was a miracle for me.
If they had mistakenly calculated, they would have lost their fingers.
If I had worked there with them, I would have lost at least 3 fingers on the first day.
I break plates and glasses all the time.
I am  a super clumsy person.



The second day of Ramadan. 29 more days to go.
Have a great day.

Friday, May 26, 2017

Sanaiya, Al Ain



Sanaiya, Al Ain.
もう、何年も前に、らくだを描きかけていたのもの。
やる気が出なくて、今回この町にある
おじさんたちばかりが、
働く町、
サナイヤを描いてみた。
らくだの形の鉛筆の線がたくさん残っているのが、
結構気に入っている。



子どもの本といえば、
私の中で、一番に輝くのは、
ヘンゼルとグレーテル。
小さいとき、あのお菓子でできた家がわたしもほしいとおもった。
あのころは、われながら、
かわいかった。

しかし、
子ども心にずっと、
秘めていた、疑問がある。
あの、優柔不断な父親はなんだと。
自分の子供を夜の闇の中に捨ててくるような
女と別れない男に誰も焦点をあてないではないか。
現実から乖離しているとずっとおもっていた。
一番大切なことが、スルーされている。

わかっている。
特に、女の子が主人公になっている子どもの本では、
父親は、まったくといってどうでもいい存在なのを。
シンデレラだって、娘があんなにひどい目にあっているのに、
父親は出てきて、助けようとはしないし、
ジャックと豆の木は、主人公が男の子であるけれども、
父親はまったくでてこない。

どうも、父親は、外でかせいできて、
夜帰ってきて、ご飯を済ませて、風呂をはいって、
晩酌をすませると、静かに、寝る。
家庭のいざこざは、女の仕事になっているというのは、
どうも世界共通らしい。
これは、心理学の本に分析されていて、
父親というものは、悲しい存在なのだなとおもったことがある。
童話のなかでの、父親のあわれな存在は、決して、
話を、シンプルに面白く仕上げるというテクニックためだけではないらしいことが
最近わかってきた。

ヘンゼルもグレーテルも、
あんなひどいことをするまま母と、わかれてと、父親に懇願もしない。
なにごともなかったかのように、
人間を食べてしまうおばあさんを殺したあと、
おとうさんが、
迎えにきて
無事に再開しました。
めでたしめでたし。
父親はそこでも、
謝罪はしない。
あんなひどい女と早くわかれなかった
俺が悪かった、の一言がつけくわえれるべきだろう。

そして、
ヘンゼルとグレーテルは言うのだ。

いいのよ、おとうさん、
そういう意思薄弱なお父さんから、たくさんのことを学んだから。
などと、皮肉が入る童話などありえないのだけど。


Speaking of kids book, Henzel and Gretel is the one which I rememer very first from all of stories.
  I was a very innocent girl when I was a child so I used to think it would be great if I could have had the house as well.
Whenever I remember this story, my curiosity got back.
What a weak father he was!!!
He got a new wife who was cruel.
She dumped Henzel and Gretel in a wood middle of a night.
The father whom Henzel and Gretel didn't do any action for her.
And finally, two kids were abandoned in a wood and two kids were kidnapped and almost killed by a crazy old lady who loves to eat a human. 
Two kids were so smart, so they killed the crazy older lady and the kid's father found them out.
The end.

However, the father didn't apologize to kids at all. He should have said "Sorry I was really weak, so I gave both of you had a hard time. Plese, forgive me." and kids might say "No worries, Dad, We learned a lot from your weakness."

I am always curious why nobody cares about Henzel and Gretel's father?
Even Cinderella has a same problem as well.




きょうから、ラマダンがはじまりました。

では、よい1日を。

Have a wonderful day.!!!


















Thursday, May 25, 2017

Al Ain Oasis






きのうは、乳がんで苦しむ親戚の女性の肖像画を描いてほしいという、
エジプト人の女性がやってきた。その親戚の人に元気になってほしいので、プレゼントしたいという。
そんな大切なものをわたしなんぞが、できるとはおもえないし、会ったこともない人を写真から起こすというのは、わたしだけではなく、だれにしてもむずかしいもの。
乳がんで苦しむ親戚の人を喜ばせたいという、Dさんの顔をみていると、
断るわけにもいかず、期待しないでまってくださいということになった。

そのエジプト人のD さんは私がイラストを描いた子供の本の作家の友達だということがわかった。
Al Ain の町は狭いので、なんらかの形で、ほとんど必ずというほど、だれかとつながっているので、恐ろしい。

Dさんは、日本が大好きなのという。
特に、どのへんがすきなのという質問に、意外な答えがかえってきた。
"おしん"!!!
若いころ、エジプトで、おしんをみていて、日本が大好きになったという。
ちょっとまって、エジプトで、おしん?
東南アジアでは、よく見てるというのは、きいたことがあるけど、
エジプトで人気があるというのは、初めてきいた。
いったい、世界何カ国に配信されていたのか
こうなったら、是が日にでも、知りたい。

おしんのなかで、雪の中の川の冷たい川で、大根を洗うシーンがある。
スタジオではなくて、
外で、ほんとに雪の中での撮影だった。
あのシーン覚えてる?と、Dさんにきくと、
ちゃんとおぼえていて、エピソード80くらいあったとおもうけど、
最後までみたのよと、自慢気にDさんはいう。
エジプト人とおしんの話をするなんて
想像もしなかった。

感動は、国境を越えるのだ。

An Egyptian lady, Ms. D, came to me yesterday to order a portrait of her relative who is suffering from breast cancer. She said her portrait would be a great present for her relative.
"I don't think I can do it because I've never met the lady, so it would be very difficult without meeting  her." I would have liked to say that, but I couldn't turn her down because I feel sorry for Ms. D's relative.
I said "I would try my best.” to her.
 When I was talking with Ms. D, I found out she is a friend of the author who wrote the kid's book "Anise Loves Green Food'' which I did the illustrations for.
Al Ain is a small town, so it often happens we find ourselves connected to each other.
She told me how much she loves Japan. 
Especially, she said, the TV drama ''Oshin", is the best. She learned some Japanese words from the drama.
Wait for a minute, I thought, Oshin in Egypt?
She used to watch it on TV when she was 8 years old.
I knew Oshin is very popular drama in Asian countries, but I've never heard that it had played in Egypt. How many countries was Oshin available in?

‘Do you remember the scene which Oshin was washing white radish in icy cold water?’ I asked her.
I couldn’t believe  I was talking with an Egyptian about Oshin.
She said, "Of course I do, it was an amazing scene and I watched until the end of the drama, it must have been around 80 episodes."
I don’t think anyone in Egypt has ever washed daikon, white radish, and especially not in freezing cold water. Something about that scene has made it universal. There is no border when it comes to human experience and the ability of some actors to make people impressed.


Wednesday, May 24, 2017

Al Ain Museum







あらいぐまのイラストを頼まれた。
残念ながら
本物を見たことがないと思う。
写真から、
描いていたが、無理。

アライグマが
人間のように動いている
絵にしてほしいらしい。
実物のアライグマはかけるとおもうが、
子どもの本なので、
2本足であるくアライグマということなのだろう。
結局、
粘度で、サンプルを作らないと、
描けない。
昨夜四苦八苦でつくった。
体は、まだ乾いてないので
着色はできない。
同時に
洋服もつくらないといけない。
大きな尻尾を
ポイントにしてねといわれているが、
これに、どうして、ズボンをきせるのか
いま、
思案中。


I got a  job to illustrate a  raccoon.
I was drawing from some photos, but it was hard because  I've never seen a real raccoon.
I don't think Al Ain Zoo has a raccoon.

So I made a model from clay last night.

Since it would be a kid’s  book character, 
the raccoon is supposed to have a human figure which can walk on its hind legs.
 A raccoon's hands are generally really tiny and the toes are very thin as well、
but I have to ignore that parts.


The body is still wet, so I can't paint on now.
I will have to wait until tonight for that.

I'll have to make clothes for him as well.
Since his tail is big, I am thinking about how I can make trousers for him.



Tuesday, May 23, 2017

From Al Ain






怒ってもいい

他人と比較し
自分がただしいという考えから、
怒りが生まれ
期待すればするほど裏切られたときに
起こりが増していく
期待しすぎないこと
劣等感を感じたり
不愉快に思ったとしても
そのまま受け止めること
もしも怒りを感じたら
深呼吸して心を整えればいい
怒りは自分にとって
大切なものを教えてくれる
怒りに感謝できたとき
あなたはうまくいく

田口ひさと





朝一番、イギリスのコンサートで19人死亡のニュースが目にはいった。
いつも、こういう海外の事件で、死亡者がでたとき、日本のニュースの結びは、
被害者の中に邦人が含まれているかいないかだ。
それをみるたびに、気持ちがざわざわする。
日本人が含まれていなかったらよいのか。
じゃー外国のひとだったら、よいのか。
邦人は、いなかったんだから、いいやん。
見たいな響きにきこえてしょうがない。
これはどこの国の新聞だってすることなのだけど、
どうも、納得がいかない。

You are allowed to be angry(怒ってもいいの英訳がむずかしい)

People often become angry when they have different opinions about something.
When you expect someone to understand you and they just don’t get it, you will feel you are betrayed and your anger will increase.
Don't expect,
Even when you feel inferior or uncomfortable,
you should accept that frankly.
 Breathe deeply and calm down.
Anger teaches you the most important thing.
When you appreciate anger, 
You will succeed.




朝一番、イギリスのコンサートで19人死亡のニュースが目にはいった。
いつも、こういう海外の事件で、死亡者がでたとき、日本のニュースの結びは、
被害者の中に邦人が含まれているかいないかだ。
それをみるたびに、気持ちがざわざわする。
日本人が含まれていなかったらよいのか。
じゃー外国のひとだったら、よいのか。
邦人は、いなかったんだから、いいやん。
見たいな響きにきこえてしょうがない。
これはどこの国の新聞だってすることなのだけど、
ざわざわする気持ちはおさまらない。



The first news this morning was about the explosion at a concert in the UK.
19 people are dead.
Whenever incidents happen in foreign countries, Japanese news adds at the end of the article whether Japanese are involved or not.
Whenever I read or hear it, I am not comfortable at all.
Is it ok because Japanese are not involved?
 The victims are only foreigners.
It sounds like, "No worries. Japanese are not involved."

I know it is not only Japan, almost all countries’ media do the same thing, but still, I can't understand.


Monday, May 22, 2017

Windy day







きょうのあさごはん。
スーパーマーケットで、もちをみつけた。
6個で、1,300円というとんでもない値段がついていたけれど、
どんな味か知りたくて買ってみた。
玄米でつくったもち。
アメリカらしい。
味は、ちょっと、玄米味というだけで、
ふつうのもちでした。





耳のこと。
めがね暦30年か?
つい、数年前に気づいたのだけれど、
私の耳は左右高さがちがう。

めがねは、耳にかけてつかうため、
この高さが違うと、
めがねが曲がっているようにみえる。
長いこと生きているけど、
耳の高差が左右違うといってなげいている
人の話はきいたことがない。

人間の体は、けっして左右対称にできているわけではないことは
わかっていたけれど、私の場合は耳。
それに、気づいたのは数年前のこと。
めがねを買うたびに、
うまく調整できていないなとおもっていたのだけど、
めがねが悪いわけではなくて、
問題は、わたしの耳だった。
右のほうを1センチほどもちあげると
すっきりおさまるのだけど、
そういうふうに調整するものを、めがね屋さんでみたことがない。

胸の形が左右違うといって、手術をする人の話は聞いたことがあるけれど
耳の高さを変える手術というのはきいたことがない。

生死にかかわるような問題ではないといえ、
どうも落ち着かない。

From Al Ain



From Al Ain





今は、アブエクササイズにこっている。Tataba エクササイズで、
どうにか、おなかのまわりのリング状の肉をとりたいとおもっている。
''たばた''と日本語で、検索すると、いろんな、たばたさんのかお写真がでてくるのに、
Tabata で、検索すると、たばたエクササイズがでてくる。
日本語と英語でこんなに違うものかと、驚く。


アブに集中したエクササイズで、おきにいりはこれ。
右のひじと左のひざ、左のひじと右のひざというように、
交互にくつけるような運動。
これが、かなりおなかにきく。
はじめたころは、
20回もやったら、はーはーって苦しくて、できなかったのに、
いま、1度に50回はできる。
きょうは、出かけるまえに、
ちょっとやろうと、
ジーンズに、ブーツを履いたままやってみた。

あの鉄の下駄で知る人ぞ知る、柔道一直線のお寺の階段での修行をおもいだす。
このアブエクササイズをブーツはいたままやらなければ、
こんな重いブーツを日ごろはいていたのか
わからなかった。
すごく重い。
なかなかいい発見だった。
これからアブエクササイズをするときは、
ブーツをはくことにする。

経過を写真にのせたいところだけど、
おなかまわりの肉がとれたときまでのおたのしみ。

I am fascinated with abdominal exercises these days.

I am fascinated with abdominal exercises these days.
This is my favorite one where you touch your right elbow with your left knee, and the left elbow with the right knee.
When I started it a month ago, it was really hard to do even 20 times.
However, it's become very easy to do the exercise even 50 times now.
Today, I tried to do it before going out. I was wearing jeans and boots and then I realized the boots were quite heavy.
It reminds me of a very popular Japanese drama "Judo Ittyokusenn", which I used to watch 50 years ago.
The main character is a boy who wants to be a strong Judo athlete.
His training was very harsh, so he used Japanese crogs  made of iron.
The scene which was especially impressive was when he climbed up and down the stairs in front of a temple wearing heavy iron crogs.



So I accidentally found out how to make my exercise a bit harder today.
I will try it from now on.
I would like to post my photo about how the abdominal exercise works, but it would not be now.
One day, I will be able to remove the muffin top around my abdomen.

I will post a photo then.